トップ

まずい青汁を美味しく

青汁は何故まずいのか

青汁がまずいとされている理由

ヘルシーで美容に効果的なライフスタイルを心掛けたい30代。日常のちょっとした努力の積み重ねが10年後に大きな差となって表れることはよくいわれること。毎朝のモーニングドリンクにも、できれば生の野菜やフルーツを取り入れたいものです。毎日のことだから、スローフード、食物繊維、ビタミンなど、なるべくたくさんのプラス要因が欲しいものですよね。でも忙しい朝には時間はとれない、とはいっても市販のジュース類だとカロリーが高くなってしまうのがネックです。そんな時気になるのが、もはや健康飲料の定番となった感のある「青汁」です。でも、CMの影響からか、どうしても「飲みにくい」「毎日は続けられない」イメージが根強いようです。

">まずくない青汁はこちらからどうぞ。

こんなにも青汁がまずい、飲みにくいものとして広く知られるようになってしまった理由はどこにあるのでしょうか?まず大きな理由としては、代表的なメーカーCMに使用されている「あーまずい。もう一杯」の有名なセリフがあまりにも浸透してしまったことが挙げられるでしょう。かつTVなどで罰ゲームにもよく使われるので、「青汁=まずい、飲みにくい」の図式が出来上がってしまったようです。

たしかに青汁は野菜のすりおろしのエキスになるので、当然使われる野菜そのままの味になります。野菜特有の青臭さがある上に甘みなどはありません。また主要材料の「ケール」というキャベツの仲間の野菜の味に少々癖があることも、青汁を飲みにくくしている一因になっているかもしれません。しかし、90年代初めに登場した青汁も、数十年の歴史を重ねて、飛躍的に飲みやすくおいしく頂ける飲み物になっています。青臭さも軽減され、緑茶風味など飲みやすいテイストのものが多くなってきています。健康と美容に効果的で、味もおいしいナチュラルドリンクとなればトライしたくなりますね。