トップ / まずい青汁をおいしく飲む

まずい青汁を美味しく

まずい青汁をおいしく飲む

青汁をおいしく飲むには

このように、美容に健康に効果抜群は青汁、ぜひ30代女性としては、毎日の暮らしに取り入れたいところです。とはいえ、かなり飲みやすくなってきた青汁ですが、あまり野菜が得意でない方にはまだまだハードルが高いかもしれません。小さな子供でも飲めるともいわれるほどにマイルドな味わいになってきた青汁ですが、それでも青汁が持つ葉野菜特有の青臭さや苦みやえぐみがゼロにすることは難しいでしょう。

それでは、市販の青汁を飲みやすくする方法はないものでしょうか?青汁が苦手になってしまう大きな理由は「苦味」と「青臭さ」にあるようです。自分は青汁のなにが苦手かを考えてみてください。青汁をおいしく飲むには、これらの味の欠点をカバーしてくれるほかの飲み物を混ぜるのが手っ取り早い方法のようです。

1番オーソドックスな組み合わせとしては青汁に牛乳を混ぜるパターンでしょうか。試してみて驚かれると思いますが、抹茶ミルクのような味になりそのままでも十分おいしく飲むことができますよ。また、牛乳のカルシウム吸収率は、牛乳に含まれる「カゼイン」乳糖」によって、約50%と他の食べ物に比べて格段に優秀です。牛乳と青汁を組み合わせると青汁と牛乳に含まれる豊富なカルシウムを高い吸収率で体内に取り込める効果が期待できます。

牛乳が苦手、カロリーが気になる、という方であれば豆乳と組み合わせてみてください。豆乳には、女性ホルモンを補う大豆イソフラボンや、余分な脂肪分を流す効果があるサポニン、大豆たんぱくなど女性にはとても重要な栄養素がたくさん含まれています。豆乳は青汁と組み合わせれば女性には最強の飲み物になりますね。

また、リンゴなどのフルーツジュースや、ヨーグルトとはちみつと組み合わせるのも味と栄養の両方の面からおすすめです。青汁の「苦味」と「青臭さ」どちらを和らげたいのか、どんな栄養素をカバーしたいのかでいろいろな組み合わせを試してみてくださいね。